アナログ半導体設計

アナログ技術分野が得意の領域であり、アナログに特化して回路設計を受託しています。
電源開発を中心に幅広いアナログ技術でご対応します。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 設計だけでなく面積・低消費電力化・外付け部品の最適化など様々な角度で検討して欲しい。
  • もっと密なコミュニケーションと合意形成プロセスを行いプロジェクトを進めて欲しい。
  • 結果だけでなく、詳細な設計コンセプトや考察がなされた完成度の高いドキュメントが欲しい。

提案型で対応

『改善・提案』による開発の効率化をすすめてまいります。
開発のご要求を基に設計仕様の最適化をご提案します。

様々な電源に対応

複合電源LSIからアプリ駆動電源コアまで、様々な電源にご対応します。
電源用LSI
低電圧動作・低消費・高効率電源、リニアレギュレータ、DC/DCコンバータ 

幅広いアナログ技術で対応

CMOSはもちろんBipolarプロセスまで用途に合わせた開発を承ります。
カスタムアナログLSI
オートゼロオフセット、高耐圧、高信頼水準、車載用、圧力・角速度・回転軸センサアンプ 

設計の流れ

アナログ半導体の設計工程

品質への取り組み

故障や操作ミス、設計上の不具合など、障害が発生する事を想定して被害を最小限に留めるフェイルセーフの思想を設計開発に取り入れています。
当社におけるフェイルセーフの思想は『起こりえる障害』を設計前に予測し対策を検討します。それらを踏まえたタイミングシーケンスや状態遷移をご提案します。

障害予測

代表的障害発生内容

  • 端子間・出力端子ショート
  • 半田不良
  • 一次電源の瞬断・瞬低
  • 活栓挿抜
  • 負荷側故障
  • 入力信号不足

検討・深掘

具体的障害内容代表例

  • 貫通電流発生による大電流が発生
  • 大電流による発熱で発火
  • 活栓挿抜により内部不定動作
  • 動作できない状態
  • 瞬断による出力不能状態
  • 2次側状況の把握ができずに動作しようとした結果、Read-Writeの不良を引き起こしてしまう

障害対策

具体的対応内容代表例

  • 端子配置に対するご提案・実施
  • 過電流保護回路の挿入
  • 過電流時動作、タイマーラッチ
  • 瞬断/瞬低しても復帰動作するシーケンスのご提案・実施
  • 出力低下・過電圧・過電流等を通知して二次側回路の異常時シーケンスを動作
アナログ半導体・開発実績
page top